セクション

消費者の行動を理解する

人は、自分が“買い物客”モードになると、消費者として通常おこなっていることとは違った行動をします。

 

消費者は事前に考慮を行うが、一方買い物客は目的達成を重視します。

 

行動調査の結果では、消費者は事前に考慮を行っており、MSCプログラムや環境問題へのサポートを一定の強いレベルで示します。しかしながら、買い物客としては目的達成志向になり、買い物の現場では、考えていた価値はしばしば忘れられます。

 

買い物客の決定

 

買い物客に対するマーケティングは、買い物客の行動と価値を確実にマッチさせるために大変重要な要素と考えられています。

買い物客の意思決定は、実に80%以上が購入のその時点でなされると言われており、故にインストア・マーケティングは消費者に到達し、実際の購入に影響を与えるうえで重要です。

 

実際のキャンペーン実施例(英語のみ)はこちらをご参照下さい。